ぷるけんの「Ewin®タッチパッド付きUSBワイヤレス2.4GHz通信 ポータブル・ミニ・キーボード」レビュー

タッチパッドも付いていて超便利!!使いやすい小型の多機能ボタン搭載ミニ・キーボード!!

[広告] VPS


最近は、ちょっとした集まりや新幹線の車内などでも、すっかり使用している人を見ることが増えたタブレット端末。
すっかり市民権を得た感がありますねぇ。

しかしながら、わたしはタブレット端末やスマホに関して何がイヤかって、もう入力しにくいのが一番イヤなんですよね。
電子機器側が悪いのか、それとも私の学習能力や生きものとしての指が悪いのか微妙ですが、とにかくやりにくい。

という訳で、そんな方に選択肢の一つとしてご紹介したいのが、こちらのワイヤレス・ミニ・キーボードです。

USBに接続するミニ・レシーバーを介してワイヤレス接続が出来、通常の文字入力ボタンの他にも色々とショートカットボタン、機能ボタンも搭載。
そして個人的に一番魅力なのは、タッチパッド部分がついていることです。

それではここらで、画像を交えてご紹介していきましょう。
先ずは外箱
キーボード01

シンプルです。

中に入っている物を出すと、こう。
キーボード02

キーボード本体、付属USBケーブル(三又)、取扱説明書、別紙保証書、購入者向けリーフレット、以上です。

取説は日本語表記の物で、記述も丁寧に書いてあるので使用を始めるにあたって困ることは無いでしょう。
キーボード03


こちらが保証書とリーフレット。
キーボード04


USBケーブルは、ほぐしてみるとこういう形をしていました。
キーボード05


よく見ると、microUSB、通常USB、そしてメス側USBが一本になっているという構成です。
キーボード06


このケーブルの使用方法は、それぞれの機器事情によって変わってくるとは思いますが、わたしはこのようにしてみました。
キーボード07

普通であればこのような使用方法はしないと思いますが(どちらかというと画像撮影の為にこういう接続をしてみました)、これだと本製品の電源が切れそうになった時でも、充電をしながら、なおかつ他のUSBスロットを埋めることなくワイヤレスで使用することが可能です。

こんな使い方をしなくても、これがあればUSB一口から、何かに充電しつつ別のUSB接続も利用できるので、実は非常に便利そうです。

そしてこちらが本体です。
キーボード08

上部中央にある四角いのがタッチパッドです。
タッチパッド右側の方を指で上下すると、画面のスクロールが出来るようになっています。

他にも音量調節ボタンやホーム画面ボタン、マウスの右クリックボタンや左クリックボタンなど様々のファンクション・ボタンが付いています。

こちらが裏蓋側。
キーボード09


ふたを開けると、中にはUSBレシーバーと充電池が入っています。
キーボード10


その二つを取り出してみるとこんな感じです。
キーボード11


充電池のアップ。
キーボード12


それらを取り出した後の、裏蓋内部を見てみたら、普通の乾電池を入れるような表示とスペースを発見!!
キーボード13


でも、表示はあるものの、実際には電池から電源を取るような金属端子なども無いので、乾電池を使用する姉妹品との共用部品なのかもしれません。
よく見ると内部の基盤にもマジックで書いた表示のようなものも見えますしね。


さて、肝心の使用感ですが。

もちろん、普通のPCについているキーボードの使いやすさには及びませんが(本体が小さいのでブラインド・タッチをするには物理的にスペース不足になる、本体が軽く固定できないのでブラインド・タッチ方式でボタンを押すと、そのたびに本体が動いてしまう等)、両手で持ってゲーム機のコントローラーの様にして使用する方式なので、タブレット上での入力に比べると遥かにやり易くなっています。

予想通り「つかえた」のはタッチパッド。
ノートパソコンのタッチパッドのように使用できるため、非常に慣れた操作を行うだけで思ったように操作できるのは非常に大きかったです。

そして意外と「つかえた」のが機能ボタン。
タッチパッドを指三本で同時タップすると、「マウス右クリック」となるのですが、そもそも「マウス右クリック」に対応した機能ボタンが存在するので、その方が遥かに楽です。

また、インターネットのブラウザでホーム画面に一発で戻れるボタンや、ボリューム調整ボタン、ミュートボタンなど、PCでも一発操作が出来ないようなことがボタン一つで出来てしまうのは非常に便利でした。

PCのキーボードと、配列やボタン数が必ずしも一致しないので、始めは戸惑うことがあるかも知れませんが、いったん慣れてしまえば非常に使いやすくなると思います。

少なくとも個人的には、タブレットに何かを入力するのであればこちらを利用した方が遥かにやり易く感じました。


ぷるけん(^-^)

 



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーサイト

ぷるけんの「Ewin®スマホ・スタンド/スマホ・ホルダー」レビュー

角度が調整出来てラクラク視聴できるスマホ・スタンド!!
[広告] VPS



最近…出張が多くって……

週末になっても家族に会えるとは限らない……

そりゃぁ、会えない週末にはスカイプで話はするんだけど…

でもやっぱり本当に会うのとは違うんだよなぁ…

なぁんて思っているそこのあなた。

私と境遇が一緒ですね?(^_^;)

という訳で、ぷるけんです。

そんなこんなで最近仕事で家を離れることが多く、寂しい思いをすることがあるのですが、そんな時、ついつい見てしまうのが家族を撮影したビデオ。

ちゃんとしたデジカメで撮影した動画や、昔のビデオカメラで撮影した動画を見るのも良いんだけれど、それにはやはりパソコンの使用が必要…。
やっぱり、撮影もしやすいから最新の動画が入っていて、かつ一番手っ取り早く見られるのがスマホですよね。

ということで、ついついスマホで家族の動画を見るという行為に及ぶわけですが、これがなかなかやめられなくて、ついつい「もう一つだけ」「あと一つだけ」といくつも動画を見てしまいます。

そいでもっていくつも動画を見ていると、何気にスマホを持っている手が疲れてくるんですよね、ヘタレなので(^_^;)。

そんな時に登場するのが今回ご紹介するスマホ・スタンド!!
(導入部、長っ!!^^;)

シンプルな形状ながら、角度調節もフリーで広範囲に出来るので、こちらの姿勢に合わせて見やすい角度にすることが出来ます。
あまりに角度調節の範囲が広すぎて、スマホが物理的に乗らないような角度まで移動することも出来ますが、重力には勝てませんのでそこは常識の範囲内でご使用ください。(^_^;)

………と………ここまで何の画像も紹介していないので、ここいらで大放出を始めたいと思います。

先ずはパッケージ。
スマホスタンド01 スマホスタンド02

スマホスタンド03 スマホスタンド04




本体はこんな感じになります。
スマホスタンド05


通常、使用するような角度にして横から撮影するとこんな感じです。
スマホスタンド06


これを一番奥まで入れてやるとこんな感じ。
スマホスタンド07


重力に負けて落ちてしまいますので、ここまでは押し込まないようにしましょう(^^;)。

反対に一番上の方に持ち上げてやるとこんな感じ。
スマホスタンド08


ここまで来ると、既に相撲のうっちゃりですので、やはり常識の範囲内に戻して使用しましょう。


本体度台部の底には、滑り止めのシリコンも付いていて、安定感があります。
スマホスタンド09


実際にスマホを置いてみたのがこちらの画像です。
スマホスタンド10 スマホスタンド11




スマホを縦置きにしてみるとこんな感じ。
スマホスタンド12 スマホスタンド13



本製品のおかげで、夜な夜な家族の映像を楽に見ることが出来るわけですが、ついつい見る動画数が多くなってしまうのが悩みどこです。(^^;)

寂しいぷるけんでしたぁ~~(^-^;)







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ぷるけんの「Ewin® 3350mAh LED付き小型モバイルバッテリー」レビュー

丸っこくてちっちゃいモバイルバッテリーは容量も結構充分だったっ!!



[広告] VPS

さてさて今回は、スマホやタブレット端末の充電に使える、モバイル・バッテリーのご紹介です。
最近、自分も仕事の都合で、新幹線などを使用しての長時間移動を何度も経験する羽目になっております。

車種によっては、座席横の足元にコンセントがついていて、充電をしながらスマホ/PC/タブレットの使用が出来、非常に助かるのですが、やはりそんな便利なものがついていない新幹線にぶち当たったり、あるいは通路側の席なのでそもそもコンセントが使用出来ないなんてこともございます。

そんな時に便利かつあると助かるのが、本品のようなモバイル・バッテリー。

最近では容量の大きいのも出ていますし、それでいてお値段もそれなりにリーズナブルになってますよね。

そんなご時世に今回レビューするのがこちらの商品。
容量が3350mAhありますので、スマホ充電2回分くらいならいけそうです。
もちろん、充電池のスペック次第ですが(^^;)。

先ずはパッケージから!!
MBattery01

いや~~、ビックリしました。
POWER BARとか書いてあるので、「間違ってエナジー・バーでも配送されたか…?」と思ってしまいました。(^_^;)

MBattery02
パッケージの裏側にある記載を見ても、やはりいまいちバッテリーっぽくないですが、立派なモバイル・バッテリーです。

さて中身を開けてみますと…
MBattery03
こちらが内容物になります。
シンプルに、バッテリーとUSBケーブルのみ。

取扱説明書も日本語です。
MBattery04


工場出荷状態である程度充電がされていますので、商品が到着したらすぐに使用することが出来ます。
使用時のイメージはこんな感じです↓。
MBattery05

本体の、ケーブル接続部分はこんな感じです。
MBattery06

本製品を充電する時に使用するミニUSBスロット、本製品からスマホ・タブレット等を充電する時に使用する通常サイズのUSBスロット、そしてちょっとした懐中電灯代わりになるLEDライトが見えます。

本体についているボタンを二度押し(ダブルクリック)するとLEDが点灯するようになっていて、点灯させるとこんな感じになります。
MBattery07

この点灯状態からもう一度ダブルクリックするとLEDが点滅に変わり、そこからさらにもう一度ダブルクリックすると消灯します。
詳しくは冒頭の動画を参照ください。

LED操作に使用するマルチ・ファンクション・ボタンですが、ダブルクリックではなく一度押しすると、ボタン横についているインジケーターライトが点灯し、本製品の充電度合いを表示してくれます。
MBattery08
こちらは商品到着時の充電度合い。

単純計算で4分の3は充電されていますので、とりあえずスマホ充電1回分くらいはイケそうです。

本体サイズを実測してみるた画像はこんな感じです。
MBattery09 MBattery10

MBattery11


本体長さが約10cm。直径は約2.5cm。
持ち運びに便利な大きさです。


実際に新幹線の移動を伴った移動の際に使用しましたが、非常に役立ちました。
付属のUSBケーブルのように短いものを接続して、スマホと共に手に持って充電しても良いですし、ケーブルをもう少し長いのに変えてしまえば、スマホは手に持って操作しながらも、本製品自体はテーブルの上などに置いておけるので、状況と好みに応じた使い方が出来ますね。

あ、まぁ本体が丸いので、どっしりした安定感は望めませんが(^_^;)。

私は始めは短いケーブルでスマホと本製品のダブル持ちをしていたのですが、途中から長めのケーブルに変えて、本製品は座席の上に置いておきました。

最近持ちの悪くなってきた私のスマホの電池ですが、実質4時間程度の移動時間中、本製品に繋いだおかげでほぼずっと使いっ放しで移動することが出来ました。

これを遥かに超える長時間移動ともなりますと何とも言えませんが、3~4時間程度の移動でしたら、全く問題ないでしょう。
もちろん使用機器の差がありますので、各自の使用継続可能時間についてはそのあたりも加味してください。

とりあえずは、「いざという時」や「3~4時間の移動時」などにとっても便利な製品でした。

ぷるけんでしたぁ~~(^-^)ノ





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


ぷるけんの「パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉」DVDレビュー

超ヒットシリーズ、カリブの海賊第4弾!!




2011年作品。141分。ただし米国サイトでは137分の表記も。
原題 “Pirates of the Caribbean: On Stranger Tides”



イントロダクション:

永遠の命をもたらすという、生命(いのち)の泉。そのありかを唯一知る海賊ジャック・スパロウ。ところが、その不思議な泉を探しているのはジャックだけではなかった。
ジャックの宿敵バルボッサは、なんとイギリス海軍将校となってイギリス海軍を率いて、そしてジャックがかつて愛した女海賊アンジェリカは、父親である最恐の海賊黒ひげのために、同じく泉の謎を解こうとしていた……



感想:

こちら、わたくし人生初の3Dで見させていただきやした。

が、

……メガネ重い。

う~ん…

まぁ、たしかに3D効果は目新しいんだけど、それに気を取られるよりは、本筋に集中したいなぁ。

どんな効果があろうとも、大切なのは本筋です。
3D効果は単なる補足にすぎません。

なので、選べるのであれば…次は2Dを選ぶかも。

うん、少なくとも、3D装置が現状のままであれば、2Dを選びます。


そして肝心の本筋ですが…。


それがイマイチだったのよねぇ~~。

3Dに気を取られたから、というだけではないはず。


知り合いが「オーリーとか出てないのよねぇ~」とか言ってた時には「ミーハーだな~。ジョニーさえ出てればいいんだよ」と思ったのですが、やはりオーランド・ブルーム、キーラ・ナイトレイのみならず、海賊側のコミック・リリーフの二人組とか、ああいうメンツがいるといないとでは、こんなに違うのですなぁ。


ジョニー・デップ、バルボッサ、ミスター・ギブス、キース・リチャーズは出ているのですが…う~ん。


人魚のCG効果などは、よく出来ていましたよ。
信憑度のある映像でした。


でも、この流れで次作があったとしても、見ないな、こりゃ。でした。
(2013年3月)




日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ぷるけんの「パイレーツ・ロック」DVDレビュー

60年代を舞台に描くロック野郎の物語!!

2009年作品。135分。原題 “The Boat That Rocked”



イントロダクション:

60年代に実在した、イギリスの海賊ラジオ局をモデルに描かれる作品。

英国ロック全盛の1966年。当のイギリスでは、国営ラジオ局BBCがポピュラー音楽の放送時間を、1日45分に限定していた。不満を持つ者たちが、イギリスの法律の及ばない領海外に船を浮かべ、24時間ロックを流し続ける海賊ラジオ局を立ち上げる。
ラジオ放送を巡る当局とラジオ局の攻防を、若者たちの青春と名曲をちりばめて描く物語。



感想:

The Power of Music! The Power of Rock!! という感じで、気持ちよかったです。(^_^)

脚本&監督がラブ・アクチュアリーの人。
なので群像劇なのですが、それぞれにかなりキャラが立っていてよかったです。


っていうか、全編60年代ロックがほぼかかりっぱなしなので、ある意味それだけですでに公平な目で見るのは不可能になりますね、私は。


悪役の政府側のトップはケネス・ブレナー。
ただし、彼である必要性は感じませんでした。


それより、彼の手下で実作業をまかされるのが、パイレーツ・オブ・カリビアンのノリントン提督!! こっちの方がハマってたかな。


米国人DJザ・カウント役のフィリップ・シーモア・ホフマンですが、彼を初めてみたのが「 その土曜日、7時58分 」という暗い映画で、その映画のせいか、役回りの割に暗いイメージを持ってしまった。

出演作って大事なんですね。
(2013年3月)




日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
プロフィール

ぷるけん

Author:ぷるけん
ただいま、coneco.netからの映画レビューお引越し中!!
その他のレビューも適宜更新中。最近はお引越しが全然進んでいません…

羊のカウンター
訪問者の数
最新記事
お買い物は楽天市場で
お買い物は楽天市場で!!
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
coneconet
レビューを書くとPontaポイントがもらえるconeconet!!!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる