【割引クーポン付き!!】ぷるけんの「iina-styale BluetoothコンパクトスピーカーAUX IS-BTSP03U 」レビュー

超コンパクトなボディーから結構な音量の音を出すスピーカー!
【割引クーポン付きだぜいっ!!記事】


[広告] VPS


ども~~、ぷるけんです。

さてさて、今回は前回に引き続き、iina-styleの製品です。
今回はスピーカー。
それも単なるスピーカーじゃなくて、「iPhoneよりも小さい!」というコンパクトサイズをウリにしている、Bluetooth接続の出来るスピーカーでございます。

先ずはパッケージから。
iina-Port.speaker01 iina-Port.speaker02

箱の中身を並べてみますとこんな感じです。↓
iina-Port.speaker03

スピーカー本体、取扱説明書、充電用USBケーブル、有線接続用にオス=オスのステレオミニジャックケーブルの4点。

取説は安心の日本語表記。
iina-Port.speaker04

そして肝心の本体がこちらになります。
iina-Port.speaker05

細部を見ていくと、
iina-Port.speaker06
こちらがボタン類とカラビナ用(あるいは持ち運び用ストラップ等用)の穴。
ボタンは良く見ると分かりますが、小さい丸が電源ボタンで、横長のボタンが+と-、ふたつのボタンが連なっているデザインの物になります。
このボタンについては、実は取説のイラストとボタンの色が違ってたりしてちょっと見にくくなっていますのでご注意を。

裏面にはこのように、充電用USBソケットと有線接続用の穴があります。
iina-Port.speaker07

本体底部にはこちらのような記述。
iina-Port.speaker08
日本設計・中国製造でございます。


んでこちらがスピーカー部アップ。
iina-Port.speaker09
う~~ん……中までは良く見えない。(^_^;)

でもって、こちらがそのウリであるコンパクトさを、自分のスマホと比較してみたところです。両方を重ねて、角度を変えて撮影してみました。
iina-Port.speaker10 iina-Port.speaker11

iina-Port.speaker12

ちなみに下に敷いてあるスマホは、Disney mobile on docomo N-03E。
4.7インチディスプレイ、136×68×8.6mmのサイズに、透明プラスチックケースを装用してあります。

厚みは本製品の方がありますが、サイズは一回りスマホの方が大きいのが分かると思います。


さてさて、なにせスピーカーですので、一番肝心な音質についてお話したいと思います。

スピーカーという物は、たとえばスピーカーコーンのような部分を振動させることによって空気を振動させ、音を伝達していく機械ですから、どうしても本体がこれだけ小さくなってくると、音もちゃちっぽく、シャカシャカした音になってしまいがちです。
いままでもBluetooth接続のポータブルスピーカーをいくつか試してきましたが、安っぽいものだと音がシャカシャカしてたり、音量が小さかったりしてイマイチ使い物にならないものもありました。

本品も、そのお値段とサイズから少々不安があったのですが、正直その音質と特に音量には驚きました。
確かに、純粋に音質だけを考えますと、当然BOSE社などのスピーカーとは比べられませんが、このサイズの製品から飛び出してくるとは思えないレベルの音を響かせてくれました。
家にいて選択肢が他にあるというのであれば、別のスピーカーを使用するかもしれませんが、個人的に出張などが多く、移動先で音楽を聴きたい機会があるので、このサイズと重量でこの音質が楽しめるのであれば、持ち歩くのも全く苦になりません。

さらには、商品紹介ページなどには、スピーカーが3W×3Wと書いてはあるのですが、オーディオに詳しい人じゃないと、そんなスペック情報だけでは実感できないと思います。
そこでメーカーでも、「テニスコート1個分対応!」とかいった描写を使っている訳ですが、これ、誇張ではなさそうです。

さすがにテニスコートに持ち込んで試してはおりませんが、屋外に持ち出して使用してみたところ、結構離れた場所でも聞こえる音量が出せます。
意外に大きくて、周りに気を使って音量をどんどん下げたくらい(^^;)。

カラビナを装着できる穴も開いていますから、アウトドアでスピーカーを使用する人にも強くお勧めしたい一品ですね。
なにせコンパクトですから。

話を音に戻しますと、本体表と裏の両方から音が出ているようなのですが、表側(ボタン側)が高音部をつかさどっており、裏面で低音部を担当しているように聞こえます。
ですから、使用する時は板などまわりの響音環境も考慮しつつ、立てたり横にしたりしてお好みに応じて使用していただきたいと思います。

普通であれば、とりあえず立てて使用すれば良いと思います。

私は仕事上出張が多く、移動先で音楽を聴くとなるとどうしてもヘッドフォンが多くなってしまいます。
でもそれでは疲れてしまいますし、やっぱり音楽はスピーカーから聞きたいものです。
とはいえ何せ出張ですので、今までもBluetoothポータブルスピーカーを持ち運んだことがあるのですが、やはりどうしても持ち運びが大変なのですよね。
そこへ行くと本品は、持ち運びが比べ物にならないくらい楽なのが気に入っています。
音質だけを重視するのであれば、これよりも高額な製品に軍配が上がるのは仕方がない所ですが、持ち運びの利便さを重視するのであれば、非常にオススメできる製品と言えるでしょう。

私も最近の出張のお供にあちこち連れまわっております。
ただし本当に音量が出るので、ホテルの部屋などで鳴らす場合はご注意を。(^_^;)

さてさて、先日アップした完全防水Bluetoothヘッドフォンに引き続き、なんと本品も、販売元のご協力で、アマゾンで使用できる割引クーポンをご提供いただきました!!
こちらのクーポンを使用すれば、アマゾンの販売価格から15%引きで購入できるという代物です!!
さてその肝心のクーポン番号は……


SR6VOWZS」!!

気になった方は、この記事の冒頭及び最後にある、製品画像をクリックするとアマゾンの商品ページに飛べますので、そこからチェックしてみて下さい。(^-^)

ただし、使用期間には期限がありまして、4月10日0時1分から5月15日23時59分までの期間限定となっております!!
また、「在庫状況等によりプロモーションは予告なく終了する場合がある」とのことですので、製品をチェックして気になった方はお早めに。

でもクーポンを提供されたからと言って別に提灯記事にはなっておりませんのでご安心を。(^_^;)


ぷるけんでしたぁ~~。



 


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス



スポンサーサイト

【割引クーポン付!】ぷるけんの「完全防水Bluetoothヘッドフォン/ヘッドセットiina-styale IPX7スポーツタイプヘッドフォンIS-BTEP04M」レビュー

IPX7レベルの完全防水Bluetoothヘッドフォン!!!
割引クーポン付記事!!



どうもどうも、ぷるけんです。

今回は久しぶりに、Bluetoothヘッドセットのレビューです。
しかも完全防水!

今までもいくつかの会社から出ているBluetoothヘッドセットをご紹介してきましたが、今回のメーカーはお初でして、iina-styleというブランドになります。
パッケージなどの記載を見ると、「日本設計・中国製造」というスタイルを取っている会社のようですね。

ま、ま、ついつい先を急いでしまいそうですが、先ずは通常通りにパッケージのご紹介からまいりましょう。
IPX7_01 IPX7_02
外箱~~~。
すでにこの時点でヘッドセットが水没しており、セールスポイントが前面に推し出されていますねぇ。
IPX7_03
そして燦然と輝くIPX7の表記。
Wikiなどで調べてみますと、「水深1mで30分沈めておいても、機能に障害が無い」というのがIPX7の条件だそうです。
水深1mということは………どんな分かりやすい説明があるだろうとちょっと検索してみましたが、Wikiあたりの表記は難しすぎて…(^^;)

当然、深さに比例して水圧も高く(大きく)なっていく訳ですが、「深さ10メートル増すごとに、約1気圧増加する」そうなので、水深1mに30分というと、「約0.1気圧の強さで水から圧力がかかる状態に30分耐えられる」ということですかね。

この理解がどの程度正しいのかは分かりませんが、その水が静止していることが条件となるでしょうから(水が動いたらその分水圧は増しますもんね)、水中使用まではあまり考えないほうが良いかもしれませんね。

とはいえ、スポーツでかく汗はもちろん、ちょっとした雨でしっかり濡れたところで全く問題ないレベルの防水機能と言えるでしょう。

んでもって開箱~~。
IPX7_04 IPX7_05
お~~、イヤーピース部分のゴールドのデザインがなかなか格好いいですね。

箱から出すと内容物はこんな感じ↓です。
IPX7_06
本体・取扱説明書・充電用USBケーブル・イヤーピース3サイズ。

IPX7_07
取説も安心の日本語表記。

IPX7_08
操作は、マルチ・ファンクション・ボタンと+-ボタンの3ボタンタイプ。

IPX7_09
コントローラー部横には充電用USBスロットが付いています。

IPX7_10 v11

IPX7_12
こちらがイヤーピース部のアップになります。
このゴールド部のデザインがあることによって、なかなかに見た目が良くなっています。
ま、あくまでも主観ですけどね。

中国製のヘッドセットだと、ただ付属しているだけのことが多いコードの長さ調節ピースですが、本製品では始めから本体コードに装着してあるので、取り付け方に悩む必要もありません。
IPX7_13


さて、このイヤーピース部は、耳に引っ掛けるタイプ↓になっているのですが、
IPX7_14
このひっかけ部分が非常にフレキシブルかつベンダブル!
IPX7_15 IPX7_16
要するにすごくグニャグニャ曲がります(^-^)

このイヤーピースですが、割と大きめに出来ているので、耳まわりの大きい男性でも問題なく装用できると思います。
逆に言うと、小柄な女性(小顔で耳の辺りも小さい人)なんかだと、ちょっと大きく感じる場合があるでしょう。とはいえ、激しい運動でもして飛び跳ねるのでもない限り、外れてしまって困ることも少ないとは思います。


さて、肝心の音質のお話をしたいと思います。

インナーイヤータイプのヘッドフォンのレビューを書くときにはほぼ毎回書いていることですが、こういった耳の中に入れるタイプのヘッドフォンは、いかに製品が耳にフィットするかによって、音質がとんでもなく変わってしまいます。
本製品にもイヤーパッドは3種類同梱されていますが、一番自分にフィットする組み合わせを求めて、左右でサイズを変えることも含めて色々と試行錯誤してトライしていただきたいと思います。
ちなみに私は、左Mサイズ・右Lサイズの組み合わせがベスト・フィットでした。

で、そうそう、音質です。(^_^;)

基本として底流に流れる芯の音質は、原音に忠実なものです。
なので元音源では聞こえにくいのに、本製品を通すとくっきりしてくる楽器類があったり、音がやたらとはっきりするようなことは無いのですが、それでいて低音・中音・高音が、よりクリアに聞こえる気がするんですよね。

これがなんだか不思議なところで、最近のお手頃価格のヘッドフォンだと、低音が効いている代わりに高音がこもったりシャリシャリしているものがあったり、低音や高音などが強調されて、元音源では聞こえにくかったベース音などがしっかり浮き出てくる音質などがあって、それらは原理を感覚的に理解しやすいんですが、本製品はそれに比べると不思議な感覚でしたね。

漫然と聞いていると、元音源とあまり変わらない、聴きなれた音が流れているように聞こえるのですが、よくよく聞いてみると高音部や低音部で(少しですが)よりよく聞こえる音があり、じゃあ中音部はそのままなのかというと、それはそれでボーカルなどしっかりクリアに聞こえているんですよね。

もしかすると、「原音忠実タイプだけれど、低音・中音・高音を強調してあるタイプ」の、強調度合いを弱めに調整してあるのかもしれません。

個人的には、強調度合いがわざとらしく感じずに、好きな音です。
間違いなくメイン使用機器の一つに食い込んでくる製品ですね。


最後に、本製品の売りの一つである(少なくとも私はそう感じている)、防水性に対して検証したみたので、その点について触れたいと思います。
冒頭でも書きましたが、本製品の防水スペックはIPX7。
つまり、完全水没後でも使用可能!
ということで、沈めてみました。
(≧▽≦)

IPX7_17 IPX7_18

さすがに、実際に水深1mに30分沈めるような設備も時間もないので、お風呂場の手桶を使用して簡易実験をしてみました。

この水没状態で、20分ほど放置したのちに本製品を乾かして実際に使用してみました。

結論は……問題無し!!
(^-^)

ということで、本当に水没させても大丈夫なんですね。

これなら、雨でずぶぬれになっても問題なく使用できますし、お風呂でも使用出来るでしょう。
っていうか、実際にお風呂で数度使用しましたが、非常に快適でしたよ。

音質もなかなかに良いですし、このレベルの高防水力に魅力を感じる方であれば、十分オススメできる製品でした。

さてさて、そんな本品ですが、販売元のご協力で、アマゾンで使用できる割引クーポンをご提供いただきました!!
こちらのクーポンを使用すれば、アマゾンの販売価格から15%引きで購入できるという代物です!!
さてその肝心のクーポン番号は……


SR6VOWZS」!!

気になった方は、この記事の冒頭及び最後にある、製品画像をクリックするとアマゾンの商品ページに飛べますので、そこからチェックしてみて下さい。(^-^)

ただし、使用期間には期限がありまして、4月10日0時1分から5月15日23時59分までの期間限定となっております!!
また、「在庫状況等によりプロモーションは予告なく終了する場合がある」とのことですので、製品をチェックして気になった方はお早めに。

でもクーポンを提供されたからと言って別に提灯記事にはなっておりませんのでご安心を。(^_^;)


ぷるけんでしたぁ~~。


 


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス




ぷるけんの「Ewin®タッチパッド付きUSBワイヤレス2.4GHz通信 ポータブル・ミニ・キーボード」レビュー

タッチパッドも付いていて超便利!!使いやすい小型の多機能ボタン搭載ミニ・キーボード!!

[広告] VPS


最近は、ちょっとした集まりや新幹線の車内などでも、すっかり使用している人を見ることが増えたタブレット端末。
すっかり市民権を得た感がありますねぇ。

しかしながら、わたしはタブレット端末やスマホに関して何がイヤかって、もう入力しにくいのが一番イヤなんですよね。
電子機器側が悪いのか、それとも私の学習能力や生きものとしての指が悪いのか微妙ですが、とにかくやりにくい。

という訳で、そんな方に選択肢の一つとしてご紹介したいのが、こちらのワイヤレス・ミニ・キーボードです。

USBに接続するミニ・レシーバーを介してワイヤレス接続が出来、通常の文字入力ボタンの他にも色々とショートカットボタン、機能ボタンも搭載。
そして個人的に一番魅力なのは、タッチパッド部分がついていることです。

それではここらで、画像を交えてご紹介していきましょう。
先ずは外箱
キーボード01

シンプルです。

中に入っている物を出すと、こう。
キーボード02

キーボード本体、付属USBケーブル(三又)、取扱説明書、別紙保証書、購入者向けリーフレット、以上です。

取説は日本語表記の物で、記述も丁寧に書いてあるので使用を始めるにあたって困ることは無いでしょう。
キーボード03


こちらが保証書とリーフレット。
キーボード04


USBケーブルは、ほぐしてみるとこういう形をしていました。
キーボード05


よく見ると、microUSB、通常USB、そしてメス側USBが一本になっているという構成です。
キーボード06


このケーブルの使用方法は、それぞれの機器事情によって変わってくるとは思いますが、わたしはこのようにしてみました。
キーボード07

普通であればこのような使用方法はしないと思いますが(どちらかというと画像撮影の為にこういう接続をしてみました)、これだと本製品の電源が切れそうになった時でも、充電をしながら、なおかつ他のUSBスロットを埋めることなくワイヤレスで使用することが可能です。

こんな使い方をしなくても、これがあればUSB一口から、何かに充電しつつ別のUSB接続も利用できるので、実は非常に便利そうです。

そしてこちらが本体です。
キーボード08

上部中央にある四角いのがタッチパッドです。
タッチパッド右側の方を指で上下すると、画面のスクロールが出来るようになっています。

他にも音量調節ボタンやホーム画面ボタン、マウスの右クリックボタンや左クリックボタンなど様々のファンクション・ボタンが付いています。

こちらが裏蓋側。
キーボード09


ふたを開けると、中にはUSBレシーバーと充電池が入っています。
キーボード10


その二つを取り出してみるとこんな感じです。
キーボード11


充電池のアップ。
キーボード12


それらを取り出した後の、裏蓋内部を見てみたら、普通の乾電池を入れるような表示とスペースを発見!!
キーボード13


でも、表示はあるものの、実際には電池から電源を取るような金属端子なども無いので、乾電池を使用する姉妹品との共用部品なのかもしれません。
よく見ると内部の基盤にもマジックで書いた表示のようなものも見えますしね。


さて、肝心の使用感ですが。

もちろん、普通のPCについているキーボードの使いやすさには及びませんが(本体が小さいのでブラインド・タッチをするには物理的にスペース不足になる、本体が軽く固定できないのでブラインド・タッチ方式でボタンを押すと、そのたびに本体が動いてしまう等)、両手で持ってゲーム機のコントローラーの様にして使用する方式なので、タブレット上での入力に比べると遥かにやり易くなっています。

予想通り「つかえた」のはタッチパッド。
ノートパソコンのタッチパッドのように使用できるため、非常に慣れた操作を行うだけで思ったように操作できるのは非常に大きかったです。

そして意外と「つかえた」のが機能ボタン。
タッチパッドを指三本で同時タップすると、「マウス右クリック」となるのですが、そもそも「マウス右クリック」に対応した機能ボタンが存在するので、その方が遥かに楽です。

また、インターネットのブラウザでホーム画面に一発で戻れるボタンや、ボリューム調整ボタン、ミュートボタンなど、PCでも一発操作が出来ないようなことがボタン一つで出来てしまうのは非常に便利でした。

PCのキーボードと、配列やボタン数が必ずしも一致しないので、始めは戸惑うことがあるかも知れませんが、いったん慣れてしまえば非常に使いやすくなると思います。

少なくとも個人的には、タブレットに何かを入力するのであればこちらを利用した方が遥かにやり易く感じました。


ぷるけん(^-^)

 



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ぷるけんの「Ewin®スマホ・スタンド/スマホ・ホルダー」レビュー

角度が調整出来てラクラク視聴できるスマホ・スタンド!!
[広告] VPS



最近…出張が多くって……

週末になっても家族に会えるとは限らない……

そりゃぁ、会えない週末にはスカイプで話はするんだけど…

でもやっぱり本当に会うのとは違うんだよなぁ…

なぁんて思っているそこのあなた。

私と境遇が一緒ですね?(^_^;)

という訳で、ぷるけんです。

そんなこんなで最近仕事で家を離れることが多く、寂しい思いをすることがあるのですが、そんな時、ついつい見てしまうのが家族を撮影したビデオ。

ちゃんとしたデジカメで撮影した動画や、昔のビデオカメラで撮影した動画を見るのも良いんだけれど、それにはやはりパソコンの使用が必要…。
やっぱり、撮影もしやすいから最新の動画が入っていて、かつ一番手っ取り早く見られるのがスマホですよね。

ということで、ついついスマホで家族の動画を見るという行為に及ぶわけですが、これがなかなかやめられなくて、ついつい「もう一つだけ」「あと一つだけ」といくつも動画を見てしまいます。

そいでもっていくつも動画を見ていると、何気にスマホを持っている手が疲れてくるんですよね、ヘタレなので(^_^;)。

そんな時に登場するのが今回ご紹介するスマホ・スタンド!!
(導入部、長っ!!^^;)

シンプルな形状ながら、角度調節もフリーで広範囲に出来るので、こちらの姿勢に合わせて見やすい角度にすることが出来ます。
あまりに角度調節の範囲が広すぎて、スマホが物理的に乗らないような角度まで移動することも出来ますが、重力には勝てませんのでそこは常識の範囲内でご使用ください。(^_^;)

………と………ここまで何の画像も紹介していないので、ここいらで大放出を始めたいと思います。

先ずはパッケージ。
スマホスタンド01 スマホスタンド02

スマホスタンド03 スマホスタンド04




本体はこんな感じになります。
スマホスタンド05


通常、使用するような角度にして横から撮影するとこんな感じです。
スマホスタンド06


これを一番奥まで入れてやるとこんな感じ。
スマホスタンド07


重力に負けて落ちてしまいますので、ここまでは押し込まないようにしましょう(^^;)。

反対に一番上の方に持ち上げてやるとこんな感じ。
スマホスタンド08


ここまで来ると、既に相撲のうっちゃりですので、やはり常識の範囲内に戻して使用しましょう。


本体度台部の底には、滑り止めのシリコンも付いていて、安定感があります。
スマホスタンド09


実際にスマホを置いてみたのがこちらの画像です。
スマホスタンド10 スマホスタンド11




スマホを縦置きにしてみるとこんな感じ。
スマホスタンド12 スマホスタンド13



本製品のおかげで、夜な夜な家族の映像を楽に見ることが出来るわけですが、ついつい見る動画数が多くなってしまうのが悩みどこです。(^^;)

寂しいぷるけんでしたぁ~~(^-^;)







日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

ぷるけんの「Ewin® 3350mAh LED付き小型モバイルバッテリー」レビュー

丸っこくてちっちゃいモバイルバッテリーは容量も結構充分だったっ!!



[広告] VPS

さてさて今回は、スマホやタブレット端末の充電に使える、モバイル・バッテリーのご紹介です。
最近、自分も仕事の都合で、新幹線などを使用しての長時間移動を何度も経験する羽目になっております。

車種によっては、座席横の足元にコンセントがついていて、充電をしながらスマホ/PC/タブレットの使用が出来、非常に助かるのですが、やはりそんな便利なものがついていない新幹線にぶち当たったり、あるいは通路側の席なのでそもそもコンセントが使用出来ないなんてこともございます。

そんな時に便利かつあると助かるのが、本品のようなモバイル・バッテリー。

最近では容量の大きいのも出ていますし、それでいてお値段もそれなりにリーズナブルになってますよね。

そんなご時世に今回レビューするのがこちらの商品。
容量が3350mAhありますので、スマホ充電2回分くらいならいけそうです。
もちろん、充電池のスペック次第ですが(^^;)。

先ずはパッケージから!!
MBattery01

いや~~、ビックリしました。
POWER BARとか書いてあるので、「間違ってエナジー・バーでも配送されたか…?」と思ってしまいました。(^_^;)

MBattery02
パッケージの裏側にある記載を見ても、やはりいまいちバッテリーっぽくないですが、立派なモバイル・バッテリーです。

さて中身を開けてみますと…
MBattery03
こちらが内容物になります。
シンプルに、バッテリーとUSBケーブルのみ。

取扱説明書も日本語です。
MBattery04


工場出荷状態である程度充電がされていますので、商品が到着したらすぐに使用することが出来ます。
使用時のイメージはこんな感じです↓。
MBattery05

本体の、ケーブル接続部分はこんな感じです。
MBattery06

本製品を充電する時に使用するミニUSBスロット、本製品からスマホ・タブレット等を充電する時に使用する通常サイズのUSBスロット、そしてちょっとした懐中電灯代わりになるLEDライトが見えます。

本体についているボタンを二度押し(ダブルクリック)するとLEDが点灯するようになっていて、点灯させるとこんな感じになります。
MBattery07

この点灯状態からもう一度ダブルクリックするとLEDが点滅に変わり、そこからさらにもう一度ダブルクリックすると消灯します。
詳しくは冒頭の動画を参照ください。

LED操作に使用するマルチ・ファンクション・ボタンですが、ダブルクリックではなく一度押しすると、ボタン横についているインジケーターライトが点灯し、本製品の充電度合いを表示してくれます。
MBattery08
こちらは商品到着時の充電度合い。

単純計算で4分の3は充電されていますので、とりあえずスマホ充電1回分くらいはイケそうです。

本体サイズを実測してみるた画像はこんな感じです。
MBattery09 MBattery10

MBattery11


本体長さが約10cm。直径は約2.5cm。
持ち運びに便利な大きさです。


実際に新幹線の移動を伴った移動の際に使用しましたが、非常に役立ちました。
付属のUSBケーブルのように短いものを接続して、スマホと共に手に持って充電しても良いですし、ケーブルをもう少し長いのに変えてしまえば、スマホは手に持って操作しながらも、本製品自体はテーブルの上などに置いておけるので、状況と好みに応じた使い方が出来ますね。

あ、まぁ本体が丸いので、どっしりした安定感は望めませんが(^_^;)。

私は始めは短いケーブルでスマホと本製品のダブル持ちをしていたのですが、途中から長めのケーブルに変えて、本製品は座席の上に置いておきました。

最近持ちの悪くなってきた私のスマホの電池ですが、実質4時間程度の移動時間中、本製品に繋いだおかげでほぼずっと使いっ放しで移動することが出来ました。

これを遥かに超える長時間移動ともなりますと何とも言えませんが、3~4時間程度の移動でしたら、全く問題ないでしょう。
もちろん使用機器の差がありますので、各自の使用継続可能時間についてはそのあたりも加味してください。

とりあえずは、「いざという時」や「3~4時間の移動時」などにとっても便利な製品でした。

ぷるけんでしたぁ~~(^-^)ノ





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス


プロフィール

ぷるけん

Author:ぷるけん
ただいま、coneco.netからの映画レビューお引越し中!!
その他のレビューも適宜更新中。最近はお引越しが全然進んでいません…

羊のカウンター
訪問者の数
最新記事
お買い物は楽天市場で
お買い物は楽天市場で!!
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
coneconet
レビューを書くとPontaポイントがもらえるconeconet!!!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる