FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷるけんの「Patech 紫外線LEDブラックライト懐中電灯」レビュー

小姑に渡すな!汚れ探しにバツグンの能力!



ども~~~、ぷるけんでございます。
今回のこのレア商品も、またもやサンプルご提供いただいてのレビューです。
でも別に提灯記事にはしませんのでそこんとこよろしくということで。

さてさて、今回は小型のLEDブラックライトのお話。

以前は仕事の関係でブラックライトを所持していたのですが、壊れてしまったのでいつか再入手してみたいと思っていおりました。
(「ブラックライトを使う仕事って…………何!?」という疑問は置いといて…^^;)」

そこへ降ってわいた話ですので飛びつかせていただきました。

いや、現在では仕事でブラックライトを使うことは無いのですが、実は子供が「インクは一見透明なのだが、ブラックライトで照らすと書いたものが見える」というペンを持っておりまして。
んでもってそのペンの上側にブラックライトが付属しているのでが、こいつが点灯しなくなりまして。
「電池切れかなぁ?」と交換を試みましたが、何せ安物のため電池交換は想定していないような製品で困っておりました。

しばらく前にも、「何かをあのペンで書いたんだけど、読めなくて困ってる!しかも何を書いたか思い出せない!」と騒いでいましたので早速使用してみました。

そしたら、バッチリ!(^^)
子供もペンの復活に喜んでいました。

って、それだけが理由で入手したわけではございません。
実はAmazon上の本品の紹介記事では、「ペットのおしっこなどの汚れ探しに」といううたい文句がありまして、この「汚れを探す機能」という物を試してみたかったのが一番の理由でございます。
いや、犬猫は飼ってないんですが。(^_^;)

さてさて、ここいらから画像もご紹介していきましょう。
先ずは本体全体像!
Blacklight01

ま、一見ごく普通の小型懐中電灯です。
そんでもってテクニックを駆使してピントを微妙にずらして撮影した先端部はこんな感じ。
Blacklight02

いや~~、カメラのモニターで確認した時には大丈夫だと思ったんですがねぇ~。
でもこいつが点灯するとこうなります。
Blacklight03

以前もブラックライトは所持していましたが、こんなにコンパクトなものがあることにビックリしました。
ちなみに本品は単4電池3本を使用します(同梱はされていません)。
本体後ろ側のふたを開けると、電池セット用の部品が出てまいります。
Blacklight04

ここに電池をセットする訳です。
Blacklight05

電池は同梱されていないので、充電池のエネループを使用しました。エネループは普通の乾電池よりも少しだけ電圧が低いのですが、全く問題なく使用できています。

ブラックライトを所有していたとはいえ、本品の商品紹介に書いてあるような、汚れを探すために使用したことはなかったのですが、ちょっと試してみたらこれがビックリするくらいに浮き上がって見えました!

下にある2枚の画像を参照していただきたいのですが、どちらもほとんど同じカメラ位置で、上はライトを使用せずに、下はライトで照らして撮影したものです。
Blacklight06 Blacklight07


左の方では、通常画像では何もなさそうな所にもごみのようなものが見えますし、右の通常画像ではまっすぐの糸くずだけがはっきり見えるのに、ブラックライトで照らした方を見ると、そこに小さな繊維状の物も存在していることが良く分かります。

いや~~、掃除にうるさい小姑には決して渡してはいけない代物であります。(^_^;)

でも、そんな不運をお持ちではない方であれば、アイデア次第で意外な使用方法・使用用途が見つかりそうな一品でした。

ぷるけんが試してみましたぁ~~。(^-^)



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぷるけん

Author:ぷるけん
ただいま、coneco.netからの映画レビューお引越し中!!
その他のレビューも適宜更新中。最近はお引越しが全然進んでいません…

羊のカウンター
訪問者の数
最新記事
お買い物は楽天市場で
お買い物は楽天市場で!!
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
coneconet
レビューを書くとPontaポイントがもらえるconeconet!!!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。