FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷるけんの「MUSONトランスミッター&レシーバー受信送信機」レビュー

送信・受信、1台2役のBluetoothデバイス!


今回のレビューでご紹介するのは、なかなかに便利な一品。

1台で送信と受信の両方に切り替えられるBluetoothデバイスです。
Transreceiver01 Transreceiver02

切り替えスイッチで送信機能と受信機能とが切り換えられるようになっています。あくまでも受信機能と送信機能が同時に使用できるわけではありません。

本体はかなりコンパクト。
Transreceiver03
実測で、52mmX34mmX8.5mmくらいです。
Transreceiver04

本体の他に、付属しているのは上記の画像にも映っている、短めのオス・オスケーブルと、充電用USB-miniUSBケーブル。
Transreceiver05

本体側に各種ケーブルを差す場所はこんな感じです。
Transreceiver06
左がミニステレオプラグ、右がminiUSB用で、真ん中にあるのが表示用LEDランプです。

受信・送信切り替えスイッチは↓のようになっています。
Transreceiver07

RXにすると受信機、TXにすると送信機としての使用となります。
受信機=ReceiverだからR
送信機=TransmitterだからT
と覚えると楽かな?

受信機能を使えば、Bluetooth機能の無いヘッドフォンを接続してスマホの音楽を聴いたり、外部入力端子のあるカーステレオや室内用ステレオでスマホからのBluetooth通信を受け取ったりすることが出来るようになります。

また、送信機能を使用すれば、Bluetooth機能の無いPCやステレオから音楽を送信して、Bluetooth対応ヘッドフォンやスピーカーなどで音楽が聴けるようになります。

私のように、再生装置でBluetoothが使えるのはスマホだけ、受信側ではBluetooth対応ヘッドセットとポータブルスピーカーしか持っていない人間には、接続機器を大幅に増やせるので助かります。
現在出張先で大活躍中。

受信と送信、双方の機能を1台で備えているのも嬉しいです。

説明書も日本語で、受信モードと送信モードではペアリング時のLED表示も変えてあるため、間違いも起きにくくなっていると思います。
Transreceiver08

説明書には、「送信モードだと相手側ヘッドフォンは自動でペアリングされる」みたいな表記がされていますが、(機種によるかも知れませんが)初回はヘッドフォン側もペアリングモードにする必要があったりもするみたいです。

私はつなげるまでに、それでチト苦戦しました。

その辺さえ気を付ければ、コンパクトで1台2役、かつリーズナブルなお値段ですので、なかなかにオススメ出来る一品でございました!


ぷるけんでした~。




日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

Bluetoothの受信と発信、切りかえると両方になるというのは面白い機構ですね。

試す機会があると嬉しいので、プレゼント希望です。
情報ありがとうございます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

使ってみたい!

是非とも使って見たいので、プレゼントに応募します!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ぷるけん

Author:ぷるけん
ただいま、coneco.netからの映画レビューお引越し中!!
その他のレビューも適宜更新中。最近はお引越しが全然進んでいません…

羊のカウンター
訪問者の数
最新記事
お買い物は楽天市場で
お買い物は楽天市場で!!
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
coneconet
レビューを書くとPontaポイントがもらえるconeconet!!!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。