FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷるけんの「50/50 フィフティ・フィフティ」DVDレビュー

生存確率50%のガンに罹患した時あなたはどうするのだろうか…

2011年作品。100分。原題 “50/50”



イントロダクション:

実際にガンに冒された脚本家の、実話に基づいたストーリー。親友のセス・ローゲンが製作と助演で映像化。
ラジオ局で働く生真面目な青年アダムは、突然ガンを宣告される。5年後の生存率は50%と言われて闘病生活を始めるアダム。そんな彼と、「50%なんて、ベガスでいったらとんでもない高確率だ」と励ましたりする親友のカイルの感動コメディ。



感想:

うん、やっぱり良かった。

生存確率50%のガンにかかった人の話だが、予告編ほどには笑いに包まれ過ぎておらず、かつ適度なユーモアをちりばめ、そのくせ非常にシリアスな部分に正面から向き合っている。

良い作品です。


私ごとですが、自分でも生死の境にいたことがあり、今では家族も割と健康である私のような人間にとっては「新たなことを考えさせてくれる」とまでは行きませんが「思い出させてくれる部分」はありましたね。


人間「明日死ぬかもしれない」という状況になったら、パニックを起こすし、周りを責めたりもします。


でも、それが人間であり、人生なのだよね。


自分が死にかけたあとで「これからの人生はオマケで貰ったようなもの。『生きててラッキー』くらいの気持ちで生きていこう」と思ったことを思い出しました。


他の人がどう思おうと関係ない。

これは自分の人生なのだから。

自分の思う通りに生きれば、自分で責任が取れる。

人生を謳歌するのです。


良い作品です。





メイキング映像にありますが、この脚本家のガンが分かった時、すでにセス・ローゲンが「映画になる! 脚本を書け!!」とその友人に言ったそうです。映画愛の熱い人たちですね。"
(2013年3月)

 


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぷるけん

Author:ぷるけん
ただいま、coneco.netからの映画レビューお引越し中!!
その他のレビューも適宜更新中。最近はお引越しが全然進んでいません…

羊のカウンター
訪問者の数
最新記事
お買い物は楽天市場で
お買い物は楽天市場で!!
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
coneconet
レビューを書くとPontaポイントがもらえるconeconet!!!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。