FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷるけんの「デイ・オブ・ザ・デッド」DVDレビュー

ジョージ・A・ロメロ監督「死霊のえじき」を斬新にリメイク!!

2008年作品。86分。原題 “Day of the Dead”



イントロダクション:

ゾンビ映画の始祖、ジョージ・A・ロメロ監督による1985年の作品「死霊のえじき」のリメイク版。

コロラド州の小さな町に、ある日州兵部隊がやって来る。ところがこの町では、突然、謎のウィルスが猛威を振るい始めていた。感染者は高熱で苦しんだのち、ゾンビ化して人々を襲い始める。地元出身の兵士サラの、生死をかけた脱出劇が始まる…


感想:

いや~、タイトルだけですね、同じ「Day of~」なのは。

リメイクとはいえ本編は全く別。


ローズという名前の登場人物がいるとか、噛まれた同僚(軍人)をかばって「ゾンビになったら私が撃つ」と言ってみたり、「バブ」じゃなくて「バド」という少々従順なゾンビがいるのせいぜいの共通点。


ゾンビは細菌兵器の突然変異、という設定。

ゾンビ自体も、最近の例にもれず、やたらと素早い。

「えじき」のリメイクと思わなければ、まあまあ面白いんだが。

でも、「Day Of the Dead」というタイトルがついていなければ、見ようと思うか微妙だし、作り手も大変なのかもね。

この分だと、「ゾンビ」のリメイクも別もんなんだろうな。


主演の女優さんは「アメリカン・ビューティー」で真紅のバラに埋まってた人。

ローズ役には、「パルプ・フィクション」他でしばしば見かける、ゴツイ黒人のヴィング・レイムス。


主演女優の銃の構え方もなんだか板についてないんだよなぁ~。ちゃんと役作りはしましょうね。
ちなみにこの人、他にアメリカン・パイなんかにも出てます。
(2013年3月)



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぷるけん

Author:ぷるけん
ただいま、coneco.netからの映画レビューお引越し中!!
その他のレビューも適宜更新中。最近はお引越しが全然進んでいません…

羊のカウンター
訪問者の数
最新記事
お買い物は楽天市場で
お買い物は楽天市場で!!
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
coneconet
レビューを書くとPontaポイントがもらえるconeconet!!!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。