FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷるけんの「ナイト ミュージアム2」DVDレビュー

大ヒットファンタジー・コメディの続編!! 博物館が再び動き出す!!

2009年作品。105分。原題 “Night at the Museum 2” または “Night at the Museum: Battle of Smithsonian”



イントロダクション:

博物館の夜警ラリー(ベン・スティラー)が、次々と動き出す展示物に翻弄されるさまを描き大ヒットしたファンタジー・コメディの続編。

数年前に大騒動を起こしたニューヨークの自然史博物館では、あいも変わらず展示物たちが自由に動き回り、楽しい日々を過ごしていた。しかしそんなある日、博物館の改装によって、展示物たちはワシントンのスミソニアン博物館へ移送されることになる。だが移送後すぐに、ラリーのもとにミニチュアのカウボーイ、ジェデダイアから助けを求める電話が掛かってくる。移送の際、自然史博物館に残されるはずだった魔法の石板が一緒に運ばれてしまったため、スミソニアンの展示物も甦ってしまったというのだった…!!



感想:

面白かったぁ~~~!!!


ベン・スティラーも相変わらずだったし、何と言っても、敵役のハンク・アザリアが最高!!

「S」の発音障害のある古代エジプト王の役(^^)!
アンデッドの軍隊を操り、世界を征服できるはずの男を、重くならないよう、見事に演じています。


故・桂 枝雀 師匠が言っていた理論でいうところの、緊張と緩和の落差が大きいから、笑えるんでしょうな。

これから古代のアンデッドを解き放つ、というのに、子供の口げんかしてるんだもん。いいよなぁ~~。


始めに出てくるスミソニアンの警備員、白黒写真の復員兵、博物館にいた将軍など、「スーパーバッド」「 寝取られ男のラブ♂バカンス 」「無ケーカクの命中男 ノックトアップ」「 スモーキング・ハイ 」系の人たち(セス・ローガン系?)が複数出てきました。

「 トロピック・サンダー 」にも出てたし、ベン・スティラーつながりかな?


ファミリー向けでありながら、子供だましにならずに大人も十分楽しめる、良い作品でした。
(2013年3月)



日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぷるけん

Author:ぷるけん
ただいま、coneco.netからの映画レビューお引越し中!!
その他のレビューも適宜更新中。最近はお引越しが全然進んでいません…

羊のカウンター
訪問者の数
最新記事
お買い物は楽天市場で
お買い物は楽天市場で!!
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
coneconet
レビューを書くとPontaポイントがもらえるconeconet!!!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。