FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぷるけんの「アバター」DVDレビュー

世界中が見た、キャメロンの3DCG超大作!!!

2009年作品。162分。原題 “Avatar”



イントロダクション:

「ターミネーター」シリーズ、「 エイリアン2 」「タイタニック」のジェームズ・キャメロン監督が3DCGで描くSFアクション大作。世界中で大ヒットを記録。

戦争で負傷し、車いす生活を送る元海兵隊員のジェイク。ある時、彼は「アバター・プロジェクト」にスカウトされる。それは、地球から遥か彼方の星パンドラで、希少な鉱物を採掘する事業のために、人口肉体「アバター」を遠隔操作すること。
アバターによって、体の自由を得たジェイクは、ナヴィ族の美しい女性ネイティリと出会い…



感想:

うん、まあ面白かったっすよ。


話自体は王道だし、悪くいえばひねりもなく独創性にも乏しいが。


尺も長いので、伏線を張ったり、間を持ったりできるので、見せやすい話だと思います。


ただし、劇場公開当時に宣伝で使われていたような『映像がスゴイ!!』とかいう感想は、CGの変遷を見てきていない人のものじゃなかろか。

CGの飛躍自体なら、スターウォーズや、ロード・オブ・ザ・リングのゴラムの方が進化の度合いが見て取れました。


そしてこれがアカデミーの作品賞を取れなかったのは当たり前…

というか、ノミネートされたこと自体が間違いじゃないの?(-_-;)


大多数の観客は気に入っていたのかもしれませんが、それだけ話が王道でハッピー・エンディングということ。
だから安心して楽しめるのだけれどもね。


でも、決して「ナヴィ語を研究して話せるようになる奴」とかは出てこない。そういうことです。


こんだけ話題作でなけりゃあ、もうちょっと好意的な感想も書けるのかもしれませんが、いかんせん騒がれ過ぎ。


あ、ジョヴァンニ・リビシとシガニー・ウィーバーが出てました。

キャメロンでシガニー・ウィーバーだと、ちょっとニヤッってしますね。

ヴァスケスのなりそこないみたいなキャラもいたし。
(2013年3月)





日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぷるけん

Author:ぷるけん
ただいま、coneco.netからの映画レビューお引越し中!!
その他のレビューも適宜更新中。最近はお引越しが全然進んでいません…

羊のカウンター
訪問者の数
最新記事
お買い物は楽天市場で
お買い物は楽天市場で!!
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
coneconet
レビューを書くとPontaポイントがもらえるconeconet!!!
検索フォーム
リンク
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。